お正月飾りはいつからいつまで飾る?門松・しめ飾り・鏡もちの飾り方と処分方法

お正月飾りはいつからいつまで飾る?門松・しめ飾り・鏡もちの飾り方と処分方法

お正月飾りはいつからいつまで飾るのか?

こんにちは。雪丸瞳です。
お正月飾りは、いつからいつまで飾るのか?
門松やしめ飾り、鏡もちの飾り方や処分方法についてまとめました。

結婚したばかりで、夫婦どちらの親とも同居しない私の家で
正月の準備をするのに、意外と知らないことだらけでした。

家で当たり前のようにしていたお正月の準備も、
家族任せにしていると、細かなことをわかっていないものでした。

同じように、お正月準備や、お正月飾りについて、
飾り方や飾る時期について悩んでいる方も多いのではと感じ、
ブログ記事にまとめることにしました。

お正月準備のお役に立てたら、嬉しい限りです。

<< 余談 >>
お正月に玄関に飾るものは「しめ縄」ではなく
「しめ飾り」が正しい呼び名だそうです。

しめ縄は、神社など神様がいる場所に年中飾るものです。
不浄なもの入らないように、結界の役目を果たしています。

お正月にのみ飾るものとして、ここでは「しめ飾り」で統一して呼びます。

お正月飾りとは?お正月飾りの意味と由来について

お正月飾り 由来本来、お正月とは、その年の神様である「年神様」を
お迎えして、祀るための行事です。

年神様は、五穀豊穣や子孫繁栄に携わる神様です。
元旦に、各家庭にまわり、新年の幸せをもたらすと言われています。

しめ飾りや門松、鏡もちといったお正月飾りは
年神様をお迎えし、幸せを授けていただくために、
家にお迎えし、おもてなしをするために生まれた日本文化です。

門松やしめ飾りは、年神様が迷わず家に来れるよう、
目印として玄関に飾ります。

鏡もちは、依り代(よりしろ)といい、
年神様の居場所として飾ります。

ゆったりと、鏡もちの上で年神様がくつろげるよう、
大きめの鏡もちが縁起が良いとされています。

リビングなど家族が集まる場所に大きな鏡もちを飾ったり、
台所や車の中など、その場所に合わせたサイズの鏡もちを飾ったりします。

家だけでなく、会社の事務所などにも門松やしめ飾りをして、
年神様をお迎えし、商売繁盛を願うのもいいですね。

お正月 鏡もち
近年は、お正月文化として飾る意味合いに加えて、
お正月を華やかに飾り、気分を高める、
インテリアコーディネート的な意味合いも高まってきました。

オシャレなしめ縄を玄関に飾ったり、
干支の置物を玄関口やリビングに飾ったりして、
お正月気分を満喫するのも、楽しみのひとつですね。

お正月飾りに加えて、正月花(しょうがつばな)も飾って華やかに

正月花お正月飾りに加えて、縁起の良い「正月花」を飾るのもひとつです。

松は、一年中葉を落とさないことから、
長寿や健康のシンボルとされ、お正月にはぴったりです。

菊は「不老長寿の妙薬」として中国から伝来したため、
縁起物としてお正月にもよく飾られます。

南天という、赤い実がなる花は
難を転じるという意味があります。

剣山や吸収スポンジを使って、自分で活けてもいいですし、
忙しい方や、自分で活けるセンスに自信がない方は、
すでに活けられた、アレンジメントフラワーを買うのもいいですね。

お正月飾りはいつから飾る?お正月飾りを飾ってはいけない日に注意!

正月飾り 玄関 しめ飾り2019年お正月の、我が家のしめ飾りです。
賃貸マンションで飾る場所がないため、少し低い場所に飾りました。

お正月飾りは、一般的に「松の内」と言われている
12月28日〜1月7日の間に飾るとされています。

29日は「二重に苦しむ」、
31日は葬式の「一夜飾り」を連想させて
この2つの日にちは縁起が悪いとされてています。

そのため、お正月飾りを飾る日は、
12月28日がベストです。

もし、28日に飾り損ねた場合は30日に、
もし30日にも飾り損ねた場合は
31日ではなく、元旦の朝当日に飾りましょう。

お正月飾りを外す日

しめ飾りや門松といったお正月飾りは、お迎えした年神様を
お迎えする目印や、おもてなしのために飾るものです。

年神様は、1月6日に帰ると言われています。
そのため、一般的には1月7日に、しめ飾りや門松を外します。

しかし、お正月飾りを外す日は、地域によっても異なります。
大まかには、東日本・北日本は1月7日、
西日本は1月15日にお正月飾りを外すとされています。

オススメは、この機会に、家族に相談したり、
ご近所さんにお聞きしてみることです。

ネットで検索するのもいいですが、日本文化について教えてもらい、
コミュニケーションをとるきっかけにもなりますね。

しめ飾りや門松の捨て方・処分方法

お正月飾りのうち、門松やしめ飾りは、
神社や地域によって行われている
「どんど焼き」に出すことが一般的です。

どんど焼きとは、一般的に1月15日小正月の行事です。
門松やしめ飾りなどを積み重ねて焼き上げ、無病息災を祈ります。

どんど焼きも、神社や地域によって、日程が違います。
近くの神社に尋ねたり、回覧板を確認したりすると良いでしょう。

鏡もちは鏡開きの日に食べましょう

鏡もちは、松の内が終わった後の、1月11日の鏡開きで食べましょう。
これも、地域によって日にちが異なります。

鏡もちは、年神様の依り代(よりしろ)として
年神様の霊力が宿っていると言われています。

鏡もちを食べることで、年神様から力を分けていただき、
新しい一年を健やかに過ごせると言われています。

年神様の霊力が宿っていることから、
包丁など刃物を入れることは厳禁とされており、
金づちなどで割って開くため、鏡開きと言われるようになりました。

今では、鏡もちの形をしたパッケージに
小分けしたおもちが入っているものが増えて
鏡開きをすることも減ったかもしれませんね。

どちらにしても、年神様からいただいた力を
感謝しながら、食べましょう。

きな粉もちにしたり、ぜんざいにしたり、
好きな形でいただきましょう。

お正月文化を知り、伝統を引き継いでいきましょう

近年は、鏡もちやしめ縄、門松といった、
お正月飾りをすることも減ってきたようです。

合わせて、飾る時期や、なぜ飾るかといった
お正月の意味や由来を知らない人も増えてきたようです。

せっかく日本に生まれたからには、日本の文化を知り、
楽しむ心の余裕と豊かさを持っていたいものです。

お正月の伝統をちゃんと知った上で楽しみ、
その後も、伝統を家族に引き継いでいけたらいいですね。

愛を込めて 瞳

<< 募集中 >>

幸せを引き寄せる新年の目標設定セミナー2019
https://hitomi-magic.com/happygoal2019

★……………………………………………………………………….★
 Hitomi Magic 雪丸瞳
 
 ・私らしく輝く無料メールレッスン
 ・お客様の声 ビフォーアフター
 ・骨格診断&ファッションスタイリング
 ・モテ肌診断&メイクレッスン
 ・オンラインセレクトショップ
 ・お問い合わせ
★……………………………………………………………………….★

福岡、北九州、山口、佐賀、長崎、熊本、大分、
宮崎、鹿児島、東京、大阪などからお越しいただいております。
骨格診断やパーソナルカラーで外見を変えるだけでなく、
内面的な魅力を引き出して、また会いたい印象を与える
イメージコンサルティング、パーソナルスタイリングをしています。

<<  キレイな私になるLINE 無料配信中 >>

ファッション、メイク、健康、食事など
キレイになる情報を無料で配信中です。

https://line.me/R/ti/p/%40cre4377j

雪丸瞳



コメント