今日はチャンスのアンテナ、まつ毛をしっかり上向きに★/スマホでの写真の撮り方ポイント

今日はチャンスのアンテナ、まつ毛をしっかり上向きに★/スマホでの写真の撮り方ポイント

福岡イメージコンサルタント・横田瞳です

今日は、数秘術では西暦と月日を全部足したら
22になる数少ない日。
良くも悪くも大きな変化があるとされています。

マヤ暦でも黒kinというパワーの強い日なので、
巻き込まれる前に巻き込む!くらいの前のめり感で過ごしてください。

特にマスカラをしっかり塗ることがおすすめ。

まつ毛はアンテナのようなもの、
上向きにすることで、チャンスや情報をつかみやすくなりますよ♪

 

「センス良く見える写真の撮り方は?」

☆インスタグラムのアカウントを新しくしました!
フォローしていただけたら嬉しいです♪
https://www.instagram.com/hitomerry/

 

よく、お会いした方から、フェイスブックの写真を見て
「写真の撮り方が上手ですね~!」と言われます。

実は私、写真映りが元々すごく悪く、
顔が大きく見えたり、ちょっと怖い印象だったようで

よくセミナーに来ていただいた方に
「実物は小顔なんですね!」「優しい雰囲気の方なんですね!」と
びっくりされたことがすごく多かったんです。

そこから、写真の撮り方・撮られ方を研究して、
最近では褒められることが多くなってきました。

 

コツさえつかんでしまえば、
スマホカメラでも、キレイな写真って撮れるもの。

ということで、今日は写真の撮り方について、
ポイントをお伝えします。

 

  • 自撮りの時は、「目の中に光を入れる」こと

照明の場所を確認して、目の中に光が入るようにするだけで
イキイキ感が変わります。

よく、「死んだ魚のような目」と言われるのは、
光が入ってなく、乾いてマットな印象な目のこと。

目の状態にこだわるだけでも、グッと印象が変わります。

 

  • 自分の「効き顔」を知る

右、左、正面、上から下からなど、
どの角度からの自分がいちばんキレイに見えるか知ること。

自撮りはもちろん、撮ってもらう時なども、
顔をどちらに向けるか決めておくだけで
写真映りがグッと変わります。

 

  • 気持ち近めで撮る

    人物も食事も、近くで撮る方が臨場感があっておすすめ。

    遠くから全体を撮るとキレイに収まって見えますが、
    大切なのは「何が主人公か」を明確にすること。

    人物なら笑顔や目の輝きがわかるように、
    花などは花びらや色の鮮やかさがわかるように。

    食べ物も、ツヤ感や湯気が映るだけで美味しそうになります。

     

    • 遠近がかわる配置で撮る

    近くに主人公、遠くに景色と、
    遠近がわかる配置で撮ると、リアル感が出ておすすめ。

    撮りたいものの後ろの背景までにこだわることで
    写真の印象がグッと変わります。

     

    • スクエア(正方形)でナナメに撮る

    写真は通常、長方形ですが、インスタの枠がスクエアということで
    最近はスクエアの方がオシャレに見えたりします。

    しかし、スクエアだと、どうしても範囲が狭いので、
    遠くからでないと枠に入らないことも。

    そこでオススメなのは、ナナメになるように撮ること。
    これだけでも、こなれ感を感じます。

     

    • カメラアプリ、加工アプリを活用

    写真を撮った後に加工する、加工アプリはもちろん、
    色んなフィルターが入ったカメラアプリもおすすめ。

    撮影してそのまま使えるため、とっても便利です。

     

    • 食べ物は「クローム(iPhone)」など色素を強くするフィルターで

    食べ物は、色が鮮やかに出ることで
    より美味しそうに見えます。

    iPhoneではクロームという付属のフィルターで
    カンタンに美味しそうに写真撮影ができます。

    スマホカメラの付属フィルターやアプリで
    色々試してみてくださいね。

     

    そして、撮り方・撮られ方はもちろんですが、
    洋服、特にトップスとヘアスタイル、顔まわりのアクセサリーで
    写真の印象はガラッと変わります。

    明日は、写真を撮る時の洋服のポイントについて
    お話しますね♪

Youtubeチャンネル登録

友だち追加

メルマガ




脱毛 脱毛

コメント